クラスTシャツ

仲間との思い出がたくさん詰まったクラスTシャツは、綺麗なままにしておくことで見返したときにより思い出が鮮明に蘇らせることができます。綺麗に残しておく方法としてポイントがあります。劣化する原因は洗濯の摩擦によるプリントの剥がれです。そのままの状態で洗濯をしてしまうと、他の物と絡んでしまい袖や裾が伸びてしまいます。絡みや摩擦を防ぐには洗濯ネットを使います。洗濯する前に裏返した状態できちんと畳んでネットに入れ洗濯をします。ネックラインが伸びないように注意してハンガーに通すことも重要です。直射日光ではなく陰干しに。型崩れなどは畳んで収納することで防ぐことができます。洗濯や収納にひと手間かけるだけで綺麗な状態を維持することができるのでいつまでも大切にする事ができます。

クラスTシャツの作り方を解説します

クラスTシャツの作り方としてはまず、デザインを考えて作ります。重要な部分になるのでみんなで話し合い細かく決めることが重要です。胸や背中に文字やイラストを入れて、写真などを入れることができます。クラスの名前やみんなの名前を入れてもいいかもしれません。デザインを決めるとシャツの素材や色あいを決めます。色々な素材のものがあり、貸し出しなどもしてくれるので、サイズ感や肌触り色あいなどを事前に確認することもできます。こだわり過ぎると金額がどんどん高くなってしまいますし、値段で決めると不具合などが出てきて後々トラブルの原因にもつながってしまいます。デザインや素材、予算をしっかりとみんなで話し合いどこまでこだわるかなどしっかりと細かく決めておくことが成功するポイントです。

クラスTシャツの費用を解説します

クラスTシャツは安く作れるものではありません。値段で選んで作ることもできます。クラスTシャツを作る目的によってはいいかもしれませが、後々後悔してしまいやすいのであまりおススメはできません。どこまでこだわったデザインにするのか、制作してくれる業者、枚数によって金額は大きく変わってしまいます。デザインは自分で作ることもできますし、プロのデザイナーに任せることもできます。デザインを濃いものにしたり、素材がいいものを選ぶと金額も上がっていきますが、業者によって強みが違うので、見積を取ったり、比較をすることで目的や予算に合う業者を選ぶことができ、費用を安くすることができます。インターネット上で作ることもできますが、電話などで直接相談することで安く作れるケースもあります。大切ン思い出になるクラスTシャツを楽しく作ってください。