クラスTシャツ

体育祭や学園祭など、クラスが一致団結して1つの目標に向かうことは、学生生活の中で大きな思い出に残る出来事です。団結の証として、クラス全員が同じものを身に付けようという話が出ることも多いですが、お揃いのものの選択肢の1つにTシャツが挙げられます。タオルやストラップなどの小物に比べ存在感もあり、行事が終わった後も身に付けることができます。しかし、個人でTシャツを作成するとなると手間や時間がかかってしまうため、業者に依頼することを検討することも多いですが、業者の数も多く、どのように選択したら良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。今回は、クラスTシャツの作り方や業者の選び方、業者に依頼した場合の一般的なクラスTシャツの作成費用の内訳について説明します。

クラスTシャツはどうやって作るのか

クラスTシャツはどのように作製すれば良いのでしょうか。まず、業者に注文する前にTシャツのデザインを決めておく必要があります。事前に決めてあるオリジナルデザインが用意してあるのであれば、指定されたサイズや形式に沿って提出します。デザインが決まらない場合は、業者によってさまざまなデザインやロゴなどを用意してある場合が多いので、その中から選びます。既存の映画や商品をオマージュしたデザインが好きという場合は、業者が用意してあるものは著作権がクリアになっているものなので安心して使用することができます。業者がどんなデザインを用意しているか確認してみるのもひとつです。デザインが決まれば、シャツの素材や枚数、フルカラーにするのか、1色刷りにするのかといった印刷の方法などを選択すれば、あとは完成を待つだけです。

クラスTシャツを作るにはいくらかかるのか

業者に注文した場合、一番心配な点が費用面ではないでしょうか。基本的にはTシャツのプリント代とTシャツの代金のみの負担となります。プリント代については、フルカラー印刷や写真の取り込み、立体加工やラメといった特殊なオプションをつけることで値段が変動します。個人の名前を入れるといったものについては別途費用が発生しないことが多いほか、業者オリジナルのデザインを使用した場合も使用料はかからないことが多いです。Tシャツの料金についてはポロシャツやトレーナーといった形による費用の変動が主で、枚数も1枚から対応している業者が多いため大量に印刷して在庫を持て余す心配もありません。希望するデザインや費用と相談しながら、納得の行く形で思い出に残るクラスTシャツを作成してみると良いでしょう。