クラスTシャツ

クラスTシャツは作る学校が大半だと思いますが、何なのかよく分からない方も多いことと思いますので解説していきたいと思います。クラスの青春の思い出にもなるのでその作り方について書いていきます。最初に作りたい柄のデザインを決めます。Tシャツの表裏に何の文字やイラスト、写真を印刷したいのかなどです。自分たちが好きなアニメのキャラクターや言葉、お気に入りの絵などを予め決めておくと決めやすいでしょう。そして、次に行う事はどんな場面で使いたいのか、肌に直接触れるものなので素材はどんなものがいいのか決めます。それが終わったら大体の予算を決めます。高い生地を使うのか安い生地を使うのかによっても変わっていくでしょう。最後は注文です。この作業も頼む会社によって変わるので気をつけてください。

クラスTシャツに使う素材について

クラスTシャツを作成するにあたっては生地の選び方もとても重要になってきます。素材も様々あるので、着用する人の好みも大事ですが、それぞれの素材の特徴も理解しておいたほうがよいでしょう。例えば、汗っかきの人は吸水性が高い綿素材の方が快適に過ごせるでしょう。また、吸湿性も高いそうなので寒がりの人にも向いているといえます。デメリットをあげるとすれば洗濯などによって生地が小さくなりやすいことです。ポリエステル素材は、冬場はあたたかく快適に過ごせると思います。アクリル素材は真夏日など湿度が高い日は使い勝手が良さそうです。反対に、真冬日のような冷える日ですと寒すぎてしまうかもしれません。いろいろな特徴があり様々なので一番いいのはお店に出向いて試着して決めるのが一番かと思います。

クラスTシャツの費用とプリント方法の違いについて

ここまではクラスTシャツの作り方について書いてきましたが、ここではかかる費用とプリントの方法について書いていこうと思います。費用は生地の素材やデザインや厚さによってもだいぶ変わってくるとは思いますが、Tシャツ1枚の値段は500円が相場です。しかし、Tシャツの表裏にデザインをプリントしたいともなると色の種類が多いかどうかにもよりますが2千円は見積もっておいた方がよいでしょう。あとはクラス単位で作るものなので、数量が多ければ一人当たりにかかる単価も上がっていきますので、相談しながら決めていった方が良さそうです。その他には、Tシャツが完成した時にお店に取りに行くのかお届けしてもらうのかによっても変わってきます。最後にプリント方法の際の注意点ですが、完全にオリジナルのプリントなのが1番よく、真似をして作成しないという事が注意点です。