クラスTシャツ

クラスのみんなの思い出を残すために同じデザインTシャツで揃えて学校行事に出ることで思い出詰った大切な物の一つになります。そのクラスTシャツを作る時最初にデザインや文字を考えそしてプリントする位置などを決めます。デザインがほぼ出来たらデザインのデータを作成し、お店のホームページでシャツの注文をします。まず無地のTシャツを選びます。選び方はどこで、どんな場面で使うかによって変わってくるので、カラーだけではなく、生地やブリントに向いたものを選びます。印刷方法でデザインの雰囲気も変わってくるので確認してイメージに近いものを選びます。次にTシャツにかかる費用の予算に合わせてまず見積りをとり予算が合えば注文します。そしてクラスの思い出がたくさん詰まったデザインの例を一部紹介します。

体育祭にカッコイイクラスTシャツ

クラスみんなで熱くなる秋のイベント体育祭のクラスTシャツを作るとテンションが上がり盛り上がります。クラスの合言葉やイメージカラーをみんなで一緒に決めて他のクラスとの違いを楽しめたり、カッコイイデザインで相手より強そうに見せるのは楽しいと思います。何よりもデザインでみんなのモチベーションが上がり一致団結出来て体育祭がもっと楽しめます。また体育祭の種目別にデザインを変えても面白いと思います。個人競技なら名前や似顔絵等入れたり、団体競技なら一枚にメンバー全員の名前を入れたりすると着るだけで気持ちが上がり体育祭に熱が入ります。クラスのオリジナルエンブレムをみんなで考えてワンポイントを入れて統一感を出したりするのもおすすめです。カッコイイTシャツが思い出に花を添えます。

文化祭にてみんなでアイデアをだして作る目立つクラスTシャツ

文化祭は色々個性的なデザインにこだわってクラスTシャツを作る事が出来るイベントの一つ。おもしろおかしく流行を取り入れたパロディ風に作ってみるのも楽しいでしょう。例えばブランドのロゴマークをパロディ化してみたりするとデザインを考えている時も楽しくて、思い出になるクラスTシャツを作る醍醐味を味わえたり、お菓子のパッケージをパロディ化したり、クラスの先生の似顔絵をデザインすると先生も一緒に文化祭に参加出来て楽しくなります。文化祭に出すお店の商品をイラストにしたり、音楽を発表するなら楽器や音符のイラストにしたり、そしてクラスの合言葉やイメージカラーを考え作品にしてみたり、文化祭はたくさんデザインを考え、またその時間がクラス一体になりクラスTシャツは思い出作りの最高なツールの一つになります。