クラスTシャツ

学校の文化祭や体育祭といった行事で、生徒のモチベーションの一つともなっているクラスTシャツは、クラス全員の気持ちが込められた大切な思い出となります。他のクラスに負けないオリジナリティー溢れたデザインにしたいのが一番ですが、いかに手頃な価格で製作できるかも重要視したい点です。費用はTシャツ生地を始め、印刷代やデザイン代を基準に枚数と送料を含有した価格となります。シンプルなデザインを例とすると、一枚あたり1,500円から2,000円程度が相場となっています。1クラス40人として、全員分にかかる費用は60,000円から80,000円程度です。デザインに凝ったり、オプションを取り入れたりすると高値となりますが、割引が適用されると安く抑えることもできます。見積りと予算に大差が出ないように、各細部の費用がわかりやすい業者を選ぶと良いでしょう。

クラスTシャツの製作方法と費用

クラスTシャツの製作方法はあらかじめデザインしたデータを業者へ入稿するのが一般的ですが、業者によってはホームページに設置された専用ページにて、そのままデザインしてすぐに注文できる場合もあります。データ入稿の場合は、各業者が指定するテンプレートを入手し、デザイン機能のあるソフトで製作します。完成したデータは業者指定のデータ形式に必ず変換してください。データをアップロードしてからカラー指定とサイズ、数量、必要に応じてオプションを入力して注文します。業者によりますが、発送は4営業日が平均的です。製作したいデザインや枚数によっては、通常注文をするよりも割引が発生することもあるので、割引を利用したい時は各業者の提供するサービス内容を把握しておくと良いでしょう。見積りは無料で行えるところが多いので、デザインと予算の程度は実物を使用する全員が納得するまで行いましょう。

クラスTシャツを製作する際の重要点

クラスTシャツを製作する際に注意しておきたいポイントがいくつかあります。一つは実際に完成した物の発色具合です。デザインする時に使用した色が業者の扱う印刷方法に適していないと、データ上の色と実物の色が若干異なってしまう恐れがあります。どんなデータでも忠実に再現してくれる場合は良いですが、細かな表現が難しいこともあるので、業者の指定する方法を事前に確認することが大切です。更には、完成品が手元に届く日時にも余裕を持って注文することが必要不可欠です。印刷工場の営業日に製作作業と発送が行われるので、休業日を加味した納品日を設定しなければ届くべき日に届かないというケースが起こってしまいます。納品日はあらかじめ確定させておいて、業者の営業日を確認しながら早めの入稿を心がけましょう。